京大アニメ巡礼会日誌

聖地巡礼の記事や、活動報告になります。

タグ:聖地巡礼

みなさん、お久しぶりです。
そしてお元気だったでしょうか。

久しぶりの更新ですし、そもそも読者がいたのか怪しいブログですから初めての方が多いかもしれません。


京大アニメ巡礼会」は京都大学生による大学のサークルでもあり、同人サークルでもあります。
詳しくは以前の投稿やTwitter(https://twitter.com/junrei_ku?s=20)をご覧になっていただければと思います。


さて、今回は「竜とそばかすの姫」という現在公開中の映画の舞台について、少し色々調べていて備忘録がてらまとめておこうという気持ちになったので、この場をお借りして紹介したいと思います。

べつにまとめブログを気取ろうということではありません(笑)

※以下ネタバレを含む可能性があります。

さて「竜とそばかすの姫」、主な舞台となったのは高知県高知市および伊野町・仁淀川町などです。
高知市は高知駅周辺(といっても車があった方がよさげ)が登場します。

公式で紹介されているので、ぜひご覧になってください(というかそこの情報をかき集めてます)。
高知県のホームページでは聖地巡礼マップをダウンロードすることもできます。
高知県スペシャルタイアップサイト
https://www.attaka.or.jp/ryu-to-sobakasu-no-hime/#fv-point
越知町ホームページ
http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/3443/3922.htm


まずは高知駅周辺から紹介していきましょう。
主なスポットは以下の通りです。
  • 高知駅
  • 鏡川(競輪場のちかく)
  • 県立歴史民俗資料館
あとはこまごまとしたところで朝倉駅や帯屋町商店街ですね。

高知駅はおそらく、この聖地巡礼しようとすると確実に通るポイントですね。
鏡川は高知駅からも歩いても良さげですし、市電を使うと便利だと思います。
県立歴史民俗資料館についてはバスもあるようですが、車が使えるなら車に軍配があがります
後述の仁淀川流域に行く際も車が欲しいので、レンタカーで一緒くたに行くのが確実かなと思いますね。

上記のスポットはどこも劇中で濃密に触れられていたので是非とも全て行きたいところです。



次に仁淀川流域にある聖地についてです。
主な聖地は以下の通り。
  • JR伊野駅
  • 浅尾沈下橋
  • ふれあいの里柳野 
  • 波川公園
そのほか、能津小学校(現在も開校しています)やバス停などがあります。
能津小は敷地内に入らないでくださいとのことですし、平日は児童がいる可能性がありますから、立ち寄る際は注意しましょう

JR伊野駅JR高知駅からJR、とさでん(市電)、バスのいずれかの方法で行くことができます。
もちろん車でもいいのですが、公共交通機関だとJRが所要時間は一番短いです。時間によって早く着く手段が変わる可能性があるので、いくつかあるんだなくらいの認識は持っておいた方がよさそうです。

問題は伊野駅以外ですが、バスで行くのは困難かと思います。
というわけでレンタサイクル(地獄)するか、車を使う必要があります。
車で行く際の注意事項は越知町のホームページに記載がありますので、以下に紹介します。

車、バイクでお越しの方
7/16(金)~9/30(木)の期間はシャトルバスを運行します。
車やバイクでの訪問はできませんので、宮の前公園からのシャトルバスをご利用ください。
(シャトルバスの運行表はコチラ

参考:http://www.town.ochi.kochi.jp/kankou/3443/3922.htm

沈下橋
は上記のホームページにあるように、近くの公園に車を停め、シャトルバスで行けます。
シャトルバスはかなりの本数が用意されていますので、安心して利用できそうです。

ふれあいの里柳野は宮の前公園から車で30分ほどの距離にあります。やはり車が欲しい......

波川公園は伊野駅から徒歩20分、波川駅からは10分のところにあります。こちらは車がなくても行けそうです。

おそらく車を使っても高知駅からだと、仁淀川流域の聖地を全て回ろうと思うと半日以上かかります。
余裕のある日程を組んでいくことをお勧めします。仁淀川のそばには旅館もたくさんありますし。


最後に、高知がそもそも遠くて行けないよって人に高知への行き方を紹介します
高知はJR、バス、飛行機のいずれかの方法が使えます。
ただし、四国はJRでの移動が非常に難しいので、実質バスか飛行機の2択になります。
例えば大阪からだとバスは往復1万円ほど、所要時間も5時間ほどと意外とかかりません。
また、東京など遠方の方は飛行機の方が便利でしょう。最寄の空港からのルートをぜひ調べてみてください。


さて、紹介は以上になります。
現在大学のサークルは大っぴらに動くことができず、行きたいなあと思いながら書いた妄想記事でしたが、みなさんのお役に立てれば光栄です。
またお会いしましょう。

そうそう、関西の大学生で、当サークルに入ってみたいという方がいればメール(junreiku@gmail.com)かTwitterのDMなどで連絡ください。よろしくお願いします。

お久しぶりです。
ブログの更新が滞っておりまして、申し訳ありません。



おそらく今後も滞りがちになることがあると思いますが
Twitterの方は常に動かしているのでそちらも一緒にお願いします
Twitter→https://twitter.com/junrei_ku?s=20




さて、Free!の聖地巡礼ということで、鳥取まで行ってきました(2020/03/15)
鳥取県の岩美町ですね


岩美町は鳥取市、つまり砂丘の近くにありまして
兵庫県との県境付近に位置します。


今回は神戸から車を使って日帰りで行ってきました。

所要時間は神戸⇔岩美が約3時間でしたので、関西からは近いと言えます。


まずは、JR岩美駅


S__9142277


駅前に観光案内所があります。(駐車場あり)
観光案内所の中でFree!関連のものが数多く展示されていました。


S__9142279


お手製のイワトビちゃんの迫力すごい...
巡礼ノートも設置されている他、公式の聖地マップやグッズ販売もありました。



観光案内所を出て、とりあえずお昼ごはんにしようということで色々彷徨ったのですが

結局、「シーサイドうらどめ」という旅館の1Fにあるレストランでいただきました。


せっかくなので、刺身もカレイの唐揚げも食べられる和定食(\1650)を頼んだのですが


S__9142280


あまりの量にびっくりしてしまいました...。おすすめです!


この旅館の裏に浦富海岸が続いており、アニメにも登場しました。

実際に出てきたのは、「シーサイドうらどめ」からちょっと西へ行ったところ。
車で移動したので詳細はわかりませんが、10分も歩けば着きそうな距離でした


S__9142281

これが浦富海岸

沖には岩が盛り上がった箇所があり、そこには鳥居があったりなどアニメ抜きにも楽しめます。
なのでカップルが結構います(泣)


ビーチから陸にあがってすぐのところに荒砂神社があり、こちらもアニメに登場しました


S__9142282


望遠していないのに圧縮されたみたいな階段です(伝われ)


このあたりで突然の大雨に襲われたのでさらっと流して次の場所へ行きました。


田尻漁協の近くまで行き、適当な場所で車を停めさせていただきました。

S__9142286
↑漁港を上から見た写真


このあたりは海の横から山がそびえたっており、階段の横に家が建っています。

家の建ち方とかは長崎に似ている気がします。プチ長崎って感じです。


田後では展望台と、小学校跡あたりがアニメに出てきました。
あと遥の家などがこのあたりにあります。


展望台はこんな感じです。

S__9142285


日本海を見渡せる素晴らしい場所でした。
先ほどまでの雨が嘘のようでいい天気になりました。


これだけいい背景があるので、コスプレイヤーの方も多くいらっしゃるんじゃないでしょうか


カットしては下の写真みたいな感じです

S__9142283


下にも展望台があり、また奥に灯台が見えるのでいい写真が撮れます。


あとはこまごまとした聖地が散らばっていました。

詳細は他のサイトさんを参考にしていただければ幸いです。


ご覧いただきありがとうございました。


今回かかったお金
高速代:往復約5000円
ガソリン代:4,5000円
所要時間:12時間(観光含む)






おまけ
鳥取砂丘にも行ってきましたが、砂嵐がすごかったです(小並感)

S__9142284

夏のサークル旅行ということで、小豆島に行ってきました。


もちろん、からかい上手の高木さんの聖地巡礼ですね。



新大阪から新幹線で岡山まで行き、そこからは在来線で四国へ。

香川と言えばうどん!
まずは坂出駅前でうどんをいただき、次に丸亀駅周辺でうどんをもう一度いただきました。
IMG_4127


高松に到着したら5分ほど歩き港でフェリーに乗ります。
だいたい60分
IMG_4143



小豆島の土庄港に着いたら、ちかくで自転車を借りて聖地巡礼開始。

と、その前に観光案内所で聖地巡礼マップをもらいました。
こういう公式マップはグッズとしても欲しいレベルなのでありがたいですね!

そのあと自転車で2時間ほどマップに載っている場所を巡りました。IMG_4210
↑雨宿りしてた神社


あまりいい写真がなくて恐縮なんですが、
とにかく楽しかったとだけ言っておきます

関西からなら日帰りも余裕なので皆さんもぜひ


こんにちは、今回は1月6日(土)に公開された「 映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me- 」の舞台を巡ってきました。

本作品は舞台が京都・兵庫・和歌山・東京・北海道・青森と広く分布しているため、勇太や六花のように(即決で)飛行機に乗るわけにもいかず、以下の記事では舞台のうち京都と兵庫からいくつかピックアップして紹介していきます。

DSC_0739

まずは、京都タワー。
京都駅前にあるためアクセスも非常にいいですね。
映画にも出ていましたが、2つのエレベーターに乗って早速展望室へ。

DSC_0745

DSC_0740

地上100mにある展望室からは、縦横に直線的に伸びている通りや、寺社の多い京都市の街並みを一望出来ます。

展望室を回っていると、窓に「五山(大文字)」の文字が!

DSC_0744

作中ではこの方角に向かって六花が見事な「大」もとい「六」の字を書き入れていましたね(笑)

京都タワーを外側から写したカットも出てきていましたが、その中で、「響け!ユーフォニアム2」第7話、京都駅ビルコンサートを控えた北宇治高校吹奏楽部の待機場所の辺りから京都タワーを写したものがあったので載せておきます。(映画の公式パンフレットのP.19にカットが載っています。)
なお、この写真のみ公開前の昨年末に撮影したもので、昼と夜の京都タワーの雰囲気の違いが分かるかと思います。

DSC_0022

さて、次に京都駅から2kmほどの東福寺に向かいました。

DSC_0758

とても歴史のある寺院で、紅葉の名所としても知られています。
ここも勇太と六花が訪れていましたね。

そして、伏見稲荷大社へ。

DSC_0138

この本殿を写したカットもあった気がしますが、何といっても千本鳥居が有名ですね!

DSC_0775

前売券の特典クリアファイルの六花の背景としても使われていたので、公開前から訪れることを予想していた人もいたことでしょう。

連続した朱色の鳥居の間から入り込む光、とても幻想的でここでこそ味わえるものだと思います。

伏見稲荷は作中カットも多く、名物の「おもかる石」を持ち上げようとするシーンや、稲荷山中腹まで鳥居をくぐるとある撮影スポットで、勇太が六花の記念写真を撮るシーンなどがありました。

DSC_0778

DSC_0128

こんな感じの場所です。「おもかる石」のカットは右からだった気がしますが、公開の1月6日時点ではまだ初詣客も多く、列が途絶えず撮影できませんでした(泣)

稲荷山中腹の撮影スポットはとても見晴らしが良かったです。

京都に関しては、まだまだ他にも出町柳駅周辺(たまこまーけっと)や宇治駅周辺(響け!ユーフォニアム)など、他アニメとのいわゆる「コラボカット」も多く登場していました。
そこに関してはまたの機会に巡礼したいと思います。

場所は兵庫県に変わりますが、同じく「コラボカット」で西宮市(涼宮ハルヒの憂鬱)が登場しました。
下の写真は公開日に兵庫で会長が撮影したものです。

IMG_1102

作中ではサイゼリヤでの勇太と十花さんの会話が印象的でしたね。六花の生き方をさなぎが蝶へと羽化する例えを用いて支えようとしています。

残念ながら、あのサイゼリヤ(北夙川店)は2014年に閉店してしまっています。
時の流れを感じますね。

以上、「 映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me- 」で登場した場所を部分的ではありますが、巡礼した様子を紹介しました。いかがだったでしょうか?

少しでも「行ってみたいなぁ」とか「作品を見るうえで役に立った」と思っていただけたら幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

                             文責:かっか
                             写真:御肉 (西宮)
                                かっか (京都)
                                (京大アニメ巡礼会)

↑このページのトップヘ